都内の病院に入院中の

ナイジェリア人女性のもとへ行ってきた。



40歳で突然脳梗塞、そして失語症に。

右半身の麻痺はそれはどひどくはないみたいだけど、

失語症は本当につらそう。



失語症って、言葉が話せないだけじゃなくて、言葉を理解する能力もなくなっちゃうらしい。

話しかけられても理解できなかったり、

頭にイメージが浮かんでいても、それを言葉にすることができなかったり・・・

想像しただけでも、ストレスがたまりそう。



彼女はクリスチャン。

精神的ダメージがひどく、かなり落ち込んでいるので

何かクリスチャンミュージックを聴かせてあげたいというスタッフのリクエストがあり

貸してあげるCDを探していたのだが・・・



「直接行って、歌ってあげてもいい?」と聞いてみた。

病院側の許可がおり、いよいよご対面。



ちょっと人見知りの彼女は、照れくさそうに笑いながらやってきた。

私も失語症の方にお会いするのは初めてだし、

病院スタッフが何人もいるので緊張・・・



アカペラで"His Eyes Is On The Sparrow"を歌ってあげると

彼女はうれしそうに微笑んだ。

そして、エレクトーンで"Amazing Grace"を弾き語りすると

彼女も鼻歌を歌い始めた。



彼女も知っていると思われる賛美歌の本を持っていったので

「これは?」という感じで歌っていたら・・・

Yes, Jesus loves me...

話すことができないはずの彼女の口から、はっきりと聞こえた。

スタッフも涙ぐんでいた。



失語症は、発症前と同じ状態にまでは回復できないと言われているそう。

でも、きっと神様が彼女を癒してくれると信じている。



できるだけ彼女のところに通えるようにしようと思った。

素晴らしい出会い・・・神様に感謝。
スポンサーサイト



Sister in Christ

恐怖のドライブ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)