夜から体調が・・・

若干貧血気味で、ふらふらしながら教会へ。



入るとすぐ、横山さんの奥様がいた。

「大変だったねぇ・・・大丈夫?

しばらくお話をする。



最後の方は本当につらそうだったらしい。

「神様、もうこれ以上苦しむ姿は見ていられません。もし治るのであれば治してください。

でも、そうでないのなら・・・どうぞ天国に連れて行ってください・・・」

そう祈ると、横山さんは息をひきとったという。

驚くほど穏やかな笑顔で・・・

その最期は、信仰あってこそだと思った。



トニー牧師から

「礼拝の後、横山兄弟の埋葬式があるんだけど、そこで賛美してもらえますか?」と言われた。

本当は絶対歌なんて歌えない状態だったんだけど、

横山さんのために私ができるのは賛美しかないと思い、引き受けた。



礼拝の後、ブライアンの家族が教会を離れることを知り、ショック。

私もずいぶんお世話になったのになぁ・・・寂しくなります



教会のお墓までは、トニーと奥様のマーシャさん、そして英会話の先生2人と一緒ので。

センターからのメンバーも来ていて、お墓の周りはすごい人数。

みんな、横山さんを愛していた人たちだ。



「いつくし深き」をみんなで賛美する時、トニーが「最初の音をください。」と言った。

ドの音を出したのに、トニーは全然違う音で歌いだし・・・

横山さんの娘さんたちが「全然違うじゃない・・・」とつぶやく。

その時、風がピューと吹いた。

横山さんが笑ってる・・・そう思った。



私は「キリストにはかえられません」を賛美した

数年前に亡くなったあみちゃんが言っていた。

「先生、私のお葬式ではこの歌を歌ってね。」

あの時は涙でほとんど声にならなかったけれど、

今日は「泣かずに賛美できますように」と祈ってから歌いだした・・・



キリストにはかえられません

世の宝も また富みも

このお方が私に かわって死んだゆえです

世の楽しみよされ 世の誉れよゆけ

キリストにはかえられません

世のなにものも




お墓が開けられ、お骨が納められた。

横山さんが好きだったという賛美歌を歌う。



かみともにいまして

ゆく道をまもり

あめの御糧もて

ちからをあたえませ



また会う日まで

また会う日まで

かみのまもり

汝が身を離れざれ




涙が止まらなかった。

横山さんのやさしい笑顔が、みんなの心の中にあったと思う。



久しぶりにはまじにも会った。

元気そうで、ゴスペルに復帰したいと言ってくれた。



埋葬式の後は、トニーとマーシャさんと一緒にランチ

いろんな話ができて、いいフェローシップの時だった。


スポンサーサイト



クリスチャンの葬儀

久しぶりに

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)