いつも、教会まではタクシーで行くのだが、今日はなかなかつかまらなかった。

結局、知り合いの運転手さんが来てくれたので「今日はどうしたの?」と聞いたら

「今日はお相撲さんがきちょるからのぉ・・・」とのこと。

そうだ、今日は下関巡業だった



彼は、予定では琴欧州を乗せることになっていたんだけど、順番がずれて床山さんが乗ったらしい。

関取乗っけたら自慢にはなるけれど、油の匂いもすごいだろうよ・・・

ちなみに、下っ端の人たちはバス移動なんだってさ。

そして、今はいろいろ問題があるから、決して話しかけてはいけないお客さんから話しかけてきたら、相槌を打つだけと、会社から注意されていたらしい。

大変だねぇ、相撲協会さん。



というわけで、礼拝にちょいと遅刻。すみません



昨日、トニー牧師から「明日も奉仕していただけますか?(=歌いますよね?)」という電話をいただいていたので、「Blessed Assurance」を用意していった。

久しぶりに歌ったけれど、いい曲だなぁ・・・大好き



礼拝の最後に、keicoのCDの宣伝と、ワークショップの宣伝をさせていただいた。

遠く離れた下関だし、来てはもらえないだろうと思っていたんだけど・・・

礼拝終了後、書店の久保田さんご夫妻が「東京の妹に是非紹介したい!」と

また、横山さんの奥さんも「行きたいわぁ・・・」と言ってくださった。

感謝!



また、久保田さんには「『ドロローサ』っていう、イエス様の十字架への道を歌った歌があるんだけど、それを是非藤崎さんに歌ってほしいんですよ・・・」とおっしゃってくださった。

私はその曲を知らないので、探してくださるそうです。楽しみ。



教会の皆さんやトニー牧師との楽しいおしゃべりも終わり、駅までトニーが送ってくれることに。

5週間前から来ているという、新しい英会話の先生もご一緒に。

しかし彼女のBritish Englishがほとんど聞き取れない・・・

最初に「はじめまして」と言ったら、「賛美、すごく素敵だったわ・・・大好きな曲でね、朝から泣きそうになっちゃったわ」と言われた。(最初から聞き取りにくくて緊張)

その後、少し話しをしたんだけど、「あなたは歌うのも話すのもAmericanの話し方ね!」と言われた。

日本人らしい英語ね!じゃなくてよかったけど



なにしろ、周りは下関弁があふれていて、私たちだけ英語だし、いつも以上に苦労した。

彼女と別れてから、「ダメだ・・・British Englishは難しすぎる・・・」とトニーに言ったら

「そうでしょうね。」とニヤリとしていた。お見通しだったんだろうなぁ。



そろそろ英語を鍛えなければ

バイロンといっぱいお話したいんだもん



ちなみに、バイロンは現在パリにいるそうです。(ちょっと前はイタリアにいた。)

そして、キーボーディストのダリウスは、Richard Smallwoodのお仕事でテキサスにいるそうです。


スポンサーサイト



断水

言ってくれれば・・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)