約束どおり、10時にバイロンの部屋に電話をする。

DJが電話に出て、バイロンはシャワーを浴びているという。

後でかけるね!と言って、電話を切った。

30分後に電話をしたら、もう部屋にいなかった・・・おい・・・



しょうがないので、ホテルに行くことにした。

ふと大丸を見ると、ジャクソン一家がお買い物をしていた。

「おはよう!お買い物?」

「あぁ、Emi・・・あのさぁ、扇子売ってるところないかな?」

「え?東京で買ったじゃん。」

「あの時、ホテルに帰るタクシーの中に置いてきちゃったの・・・

かわいそうに。東京に戻ったら電話してあげよう。

確か、レシートがあったはずだ。



お店の人に扇子を売っている場所を聞き、3人を連れて行く。

素敵な扇子をみつけ、購入できた。

バイロンのところに行くから・・・と言って別れた。



ホテルのロビーから電話したら、リンが出た。

「バイロンはもうすぐ帰ってくるはずだから、部屋にいらっしゃい!」

部屋にいたのは、ママ、ダニエラ、リン。

しばらくしてDJも戻ってきたので、みんなにプレゼントをあげる。

大人はすぐに開いて大喜び。

子供たちは「明日あける!」と言っていた。



バイロンが部屋に戻ってきた。

バイロンにもプレゼントをあげると・・・

「明日の朝あける!」と、子供と同じことを言っていた。



さて、全員集合。

今日の予定は、まず大阪城。

タクシー2台に分かれて大阪城公園まで向かう。

事前のリサーチをしていなかったので、お城まで結構歩くことに。

(着いた時間には、公園内を走る電車がお休みだったの

ママ、ごめんね・・・結構距離があるわ。



天守閣近くには、さびれた感じのおみやげ屋さんがあったんだけど

これにみんなが大喜び。

わからないもんだ。

お約束の写真。リンです。







夢中になってお買い物を続けるバイロンたち。

お茶を飲んでひと息ついている間に、車椅子のレンタルを探してきた。

問題は・・・天守閣の受付で返却しなければならないということ。

ママをタクシー乗り場まで運んでから、私は一人で車椅子を返しに戻ることに



バイロンにそれを告げると、

「ママにはそれがベストだと思う。ありがとう!」とのこと。







ママを車椅子に乗せ、バイロンが押していった。

途中、結構な下り坂があって

「バイロン、手を離さないでよ!」と焦るママ。

「大丈夫・・・だと・・・思う・・・」と、ふんばるバイロン。



タクシー乗り場付近にみんなを待たせ、

車椅子を押しながら天守閣まで戻る私

バイロンがついてこようとしたので、

「一人で大丈夫!」と戻らせた。

ハーハー言いながら帰ってくると、「大丈夫?」と聞かれたので

「たぶん体重が減った・・・」と答え、みんな爆笑。



この後、道頓堀に連れて行きたかったけど、

たぶん無理だな・・・と思ったので、ホテルに帰した。

夜はしゃぶしゃぶに行くことにしたので、お店を探さなければいけない。

お昼もお好み焼きを食べさせたかったけど、

歩かずに行けるようなお店がなかったのであきらめた。



お昼を食べたら、彼らはお昼寝。

私はあちこち駆け回り、2480円で牛しゃぶ食べ放題というプランをやっている居酒屋を発見

(事前に調べておいたお店は高すぎると却下されたの。だって、しゃぶしゃぶだもん・・・)



19時にホテルのロビーへ。何人かいませんけど・・・

しばらく待っても来ないので、リンが部屋に電話した。

「皆さん、バイロンが今起きました。もう少々お待ちください・・・」

ママが降りてきた。

あらやだ、寝過ごしちゃった!と、バイロンに電話したら、バイロンも寝ていたと言って大笑い。

しばらくして

「皆さん・・・本当にごめんなさい・・・びっくりしたよ、爆睡しちゃったよ・・・」

大丈夫よ、あたしも1時間半もお昼寝しちゃったから



10人での移動だったので、タクシー3台。

商店街の様子にみんな代興奮。

狭いのにネオンがすごいし、人がいっぱいだったから。

撮影大会



ここで衝撃的事実が。

コーラスのデニスも一緒に来たんだけど、チキンか魚しか食べられないという

しょうがないので、彼女だけコースをやめて、明太子パスタと串焼き盛り合わせを注文。



最初に私が食べ方を教える。

「みんな、Mother Emiのcookを見なさい。」とバイロン。

続けて、バイロンが先頭きって始めた。

「ShabuShabu...」







大好きな日本酒も飲み、ご機嫌なバイロン。

店内にはレジナルドがライブで歌っている「赤鼻のトナカイ」が流れていた。

日本酒いっぱい飲んで~、しゃぶしゃぶ食べて~

みたいな替え歌を熱唱し、みんなを笑わせるバイロン。

「明日のステージでそんなこと歌ったら、クビになるわよ

妹のリンに注意される。



おなかいっぱい・・・と思った頃、バイロンからのサプライズ。

「Emi、本当にありがとう。これは僕からのプレゼントだよ

あたしに?

ニッコリほほえみ、「開けてごらん」と言われた。

素敵なマフラーだった。

「ありがとう、バイロン・・・めっちゃうれしいわぁ・・・

宝物にするわ



最高のクリスマスイブ。

明日は最後のステージだな・・・

寂しくなるなぁ・・・




スポンサーサイト



大阪から

いざ、大阪!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)