いよいよバイロンの日本最後のステージ

昼間は自由にくつろいでもらおうと思い、別行動にした。

私は道頓堀などをうろついてみた。

疲れてしまったので、夕方からお昼寝



大阪ビルボードは、もともとはブルーノートだったところ。

東京よりもセキュリティーが厳しく、(というか、堅苦しく?)

バイロンに録音を頼まれていたんだけど、なかなか許可がおりなかった。

結局、PAさんが録音してくれることになったので

いい音で録音できそうだったけど。



自由席16番だったけど、今日は相席なしで座れるので・・・

こちらか、こちらあたりはいかがですか?と案内された。

東京は全部相席って言われたから、完売じゃないんだなぁ

でも、バランス良くうまっているような感じもした。



バイロンのステージは3回見た中で一番素晴らしかった。

体力的には限界だったに違いないけど、

熱い大阪のオーディエンスにもパワーをもらったのだろう。

東京のステージよりも多く歌っていたし

アンコールも2回あった。ビックリ。



終演後、楽屋に行ってみた。

みんなぐったりで、いつもと雰囲気が違った。

「Emi・・・もうダメだ。ファーストが終わった時点で限界を感じて、

みんなで祈って乗り切ったんだよ。もう動けない・・・」

「そうだったんだ・・・でも、今回のステージは最高だったよ



昨日、バイロンからもらったショールをしていったことに気づき、

「早速してくれたんだね。似合っているよ」と喜んでくれた。



リンはグッタリ。もう声が出ない・・・と、ガラガラ声だった

次の本番は元旦礼拝らしい。

少しでも休めたらいいね。



バイロンが、前の方にいたクワイアーが盛り上げてくれたから

リーダーにお礼を言いたいんだけど、というので

Everlasting JoyのBeeさんを楽屋にご案内した。

バイロンはクワイアーのみんなにもお礼が言いたいと言って、

着替えた後に、客席まで行くことに。

みんなにお礼を言っていたので、私が訳してお伝えした。

クワイアーの皆さんは喜んでくれたけど、

ビルボードの人には私が怒られてしまった。うぅ・・・



再び楽屋に戻り、しばらくみんなでおしゃべりをしていた。

「Emiはアトランタの僕の家に来るから、みんなもまた会えるんだよ。

ママの手作りのマカロニチーズも食べることができるぞ~

少し元気になってきたらしい。



明日は10時に出発とのこと。

ホテルから関空までバス、帰りのはデトロイト経由でアトランタまで。

「明日も会えるよね?」と言われたので、

「もちろん」と答える。

最後の見送り、寂しくなりそう・・・



バイロンからプレゼントされたショールをはおって






スポンサーサイト



お別れの日

大阪から

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)