10時に出発だから・・・9時半にはホテルに行こう!と思っていた。

声がガラガラのリンに、マスクとのど飴を持っていった。

今日はやけに冷え込んでいた。



いつもはギリギリのバイロンが一番最初にやってきた。

「おはよう、ダーリン。調子はどうだい?」

「元気よ。バイロンは?」

「あとは帰るだけだから、大丈夫だよ!」という返事。



チェックアウトしたり、最後のメールチェックをしたり、

バイロンはバタバタと動いていた。

少しずつFamilyたちも降りてきた。







ママとおしゃべり。

アメリカで知り合った人たちは、みんな日本に来たがるんだけど

お金のことしか考えていない人も中にはいる。

伝道のために日本に来てくれる人、

本当のゴスペルを教えることができる人と一緒にやっていきたいんだ・・・

と話すと、

「その通りね。とても大事なことよ。そして、バイロンにはそれができる。」



バイロンが戻ってきた。

おチビちゃんと遊んでいる姿がめっちゃかわいかった。

明日もあさっても、ずっとそばにいられるような気がして

あまり寂しくはならなかった。



ピックアップのバスがやってきたので、

最後に全員で集合写真







2台のバンに乗り込むメンバー。

バイロンは最後に乗り込んだ。

ドアが閉まる直前に

「寂しくなるよ・・・いつでも電話して!メールもね!!」

するよ、絶対



バンが走り出した。

みんなが笑顔で手を振ってくれた。

私も笑顔で手を振り返す。

きっとすぐに会えるはず。もう家族だもん



でも・・・やっぱり寂しくなるなぁ
スポンサーサイト



仕事納め

最後のステージ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)