今日は相方とーるちゃんの誕生日。

いつもはアメリカにいる時期なので、LINEで「おめでとう」と送り、ニューヨークでお洋服買っていくんだけど。
去年に引き続き、海外に行けないので…バースデーランチに行ってきました。

ディナーをご馳走する余裕はないので、ランチにしたんだけど…なんだかんだで結局ディナー並みに支払ってきた。

「お金大丈夫?」と心配される、貧しい私…

あらかじめバースデープレートをお願いしておいたんだけど、写真撮って、帰りまでにカードにしてくれるサービス。
素敵!

















1ヶ月ぶりの診察。
ドクター曰く、あまり変化がないとのこと…
来月の診察で、レッスン再開できるか、手術するかを決めることになりました。

仕事を2ヶ月以上セーブしても、魔法の薬を使っても思うように声が出ず、もうなんか諦めそうになっていたんだけど…
そんな時にちょうどVirtual Conventionが開催され。

Conventionの仲間の姿を見て、やっぱりあそこに戻りたいなぁ、またみんなと歌いたいなぁと思って。
ちゃんと治療して、また普通に歌えるようになりたいって、改めて思ったのでした。

お祈りありがとうございます。

落ち込みそうだったので、診察の後「しろたえ」でお茶してきた。
がんばってる自分にごほうび、ごほうび。負けない。

1ヶ月おとなしくしてもダメだったら、次の段階を考えねば…と思っていました。
いつものドクターはすぐ声帯を診てくれるありがたい存在だけど、手術となれば別の病院になるだろうと思い…
面倒だから避けていたんだけど、本格的に喉専門の病院に行くことに。

ヨシッと思ってもなかなか予約が取れず、ようやく。
待合室で待っていたら「あれ?えみちゃん???」と声をかけられる。
なんと知り合いが診察室から出てきた!

しばらく前に手術を終えていた彼女から「ここのドクター、マジで腕いいから。安心して!」と言われ、なんだかホッとする。

予約の時点で、ズラズラと30年前に初めて結節を作ってから今までのことを送ってあったので、「はい、事情はわかりました。早速見てみましょう!」となり、カメラをくわえて声帯を撮影。

ん???
なんか…悪くない!?
「すみません。なんか今まで見た中で一番きれいかもしれません…」と言うと
「そうですね…」(笑)

できれば手術は避けたいと伝えていたこともあり、薬飲みながら1ヶ月様子をみることに。
なんだか拍子抜けです。

飲み薬の他、ステロイドの吸入を酷使した時にする。歌う前に使う魔法の薬(15~20分で効き始めて、40分くらいで効果がなくなる)も使うことに。


さて、どうなるかな。

先日オーダーしていたメガネができた!

お義父さんのお世話をがんばってくれたから…のごほうびなので、ありがたくいただきます。
うん、あたしゃがんばりましたよ。

クリップオンサングラスをつけた状態。


上げた状態。


外した状態。


jacques durandというブランドで、坂本龍一氏も愛用しているらしい。
自分じゃとても買えません!!
自分用と私用と2つも買って…大丈夫なのか!?とーるちゃん!!
…もしや、ボーナス出たから???(お互いの収入を知らない夫婦)

ついでに宇和島鯛めし食べて、さいたまフラペチーノも飲んできた。


義父の納骨に行ってきました。
(そんな気はしていたんだけど、お骨を持っていくのを忘れそうになった…)

お骨にシートベルト!


お墓開けたら、当たり前だけどお義母さんの骨壺がちゃんとあって…「できるだけ離して置いてやってください」(笑)




帰りは浦和でうなぎランチ。
7年前、家裁で後見人になるための面接をした帰りにお義父さんと寄ったお店です。




お義父さんにおごってもらうつもりだったのに、食べ終わった途端「じゃ、ごちそうさま!」と先に店を出ていかれた…
そんな思い出話をしながら食べてきました。




とーるちゃんがメガネをオーダーしていたんだけど。
ちょうどできあがったというので取りに行ったら、
「お前も作れば?オヤジのこと、お疲れ様記念で買ってやるよ」と言われる。
おフランスのめちゃめちゃ高級なメガネ&クリップサングラスをプレゼントされた。わーい!!

実は0.1しか視力がない私。
基本的に、見えないことも気にせずに生活。
家でTVを観る時、礼拝でパワポを見る時、映画館行った時…くらいしかメガネをかけていなかったら、視力が全然出ないと言われた。
今日はどんなに強いレンズを入れても0.8までしか視力が上がらず、普段からメガネをかけた方がいいと言われた…

やる気ないらしい。私の目。